安全環境への取り組みEnvironment

安全性評価事業

社団法人全日本トラック協会による貨物自動車輸送事業安全性評価事業において、『安全性優良事業所』に認定されました。

この制度はお客さまである企業や一般の皆様が、安全性の高いトラック運送事業者を選びやすく、また事業者全体の安全性向上に対する意識を高めるための環境整備を図るため、トラック運送事業者の安全性を正当に評価、認定、公表する制度です。
当社では車両が所属する、すべての事業所において認定を受けています。

Gマークとは

全国貨物自動車運送適正化事業実施機関である公益社団法人全日本トラック協会は、 トラック運送事業者の交通安全対策などへの事業所単位での取り組みを評価し、 一定の基準をクリアした事業所を認定する貨物自動車運送事業安全性評価事業を実施しています。

この貨物自動車運送事業安全性評価事業は、利用者がより安全性の高い事業者を選びやすくするとともに、 事業者全体の安全性の向上に対する意識を 高めるための環境整備を図るため、 事業者の安全性を正当に評価し、認定し、公表する制度です。

グリーン経営認証

安全性優良事業所(Gマーク)

ブイラインは貨物自動車運送事業安全評価事業における 「安全性に対する法令遵守状況」 「事故、違反の状況」 「安全性に対する取り組みの積極性」について、 高い評価を得た貨物自動車運送事業所のみが与えられる『安全性優良事業所』として認定されています。

グリーン経営認証について

有限会社ブイラインでは、地球環境保全の取り組みを積極的に進めており、低公害車(CNG車)の導入や、 デジタルタコグラフの導入によるエコで安全な運転を推進しています。

グリーン経営認証

グリーン経営認証とは、交通エコロジー・モビリティ財団が認証機関となり、 グリーン経営推進マニュアルに基づいて、一定のレベル以上の取り組みを 行っている事業者に対して、審査の上認証登録を行うものです。

環境行動計画

1.環境保全活動への取り組みに対する現状と課題

1.低公害車の導入

代替や増車時には低燃費かつ低排出ガス認定車等を導入するようにしている。

2.環境保全のための仕組み・体制の整備

環境方針を策定し環境保全推進体制を定め、従業員に対して環境関連法規制の内容を伝える。
今後は環境保全の取り組みをもとに、定期的に組織や役割、責任、権限の見直しを行う。

3.自動車の点検・整備

基本的な整備を実施し、4大現象を中心に環境への悪影響のある現象に対する注意をはらう。

4.廃棄物の適正処理及びリサイクルの推進

廃棄物処理は適正に行う。

5.管理部門(事務所)における環境保全の推進

4R運動の実施など基本的なことを実施。

2.目標

  • 環境教育の推進
  • 算定時期に対する燃費向上2%

3.目標達成に向けた具体的取り組み

  • 「環境教育の推進」では、環境問題に関する条例やニュースなど定期的に点呼時や掲示物を通し教育。
  • 「算定時期に対する燃費向上2%」では、基本的なエコドライブ実施以外にも取り組みの見直しや
    社外のエコドライブ講習などを取り入れる。

環境方針

基本理念

総合物流企業として、流通サービスの提供を行ううえで、地域社会の発展に貢献するとともに、
自然との調和を大切にした事業活動を推進し、地域及び地球環境の保全に努めます。

基本方針

1.社員の環境への意識向上を図り、地域の環境保護活動に積極的に貢献。
  • ・社内での省エネ活動やリサイクル活動を通して、環境に関する地域のルール及び業界内ルールを確実に順守します。
  • ・法令順守を通して、社会の公器としての企業責任を果たします。
2.大気汚染防止対策及び地球温暖化防止策を積極的に推進します。
  • ・低公害な車輌の導入により、排ガス及びCO2の削減を図ります。
  • ・エコドライブ運動を推進します。
3.グリーン購入を積極的に推進します。
  • ・グリーン購入ガイドラインに基づき、「グリーン購入」を推進します。
  • ・グリーン購入基本原則に基づき、広範囲での意識高揚を図ります。
4.廃棄物の分別によりゴミの排出量を削減します。
  • ・分別を確実に実行して、ゴミを資源として有効活用できるよう努めます。
5.この環境方針を全社員並びに関係協力会社にも周知徹底させると共に、社内外に公表します。
  • ・公表を通して、全社員が日常的な環境活動に取り組めるように努めます。